低血圧の女性が多い理由

低血圧な女性って多いですよね。

男性に比べて、女性に低血圧の人が多いのは、なぜなのでしょうか?

それは、女性ホルモンによる血管の拡張作用によってだそうです。

また、遺伝的に低血圧の人が多いですが、生活習慣によって・・・・・ということも最近では少なくないようです。

食事が、不規則、変色、小食、ファーストフードで済ませるなどの栄養の偏り。

運動不足、睡眠不足、ストレス、夜型生活、シャワーだけで入浴しない。

他にも、仕事、家事、子育てなどで忙しい。

このような女性の生活習慣が原因になることもあります。

血圧が低いと、全身の血行が悪くなって、低体温や冷え症にもなりやすく、貧血を併発してしまうこともあるので注意しなければなりません。

■低血圧の症状

低血圧と派、全身の動脈厚が正常値を超えて低下した状態を言います。

主な症状として・・・・・

・頭痛

・肩コリ

・めまい、立ちくらみ

・動悸・息切れ

・不眠・朝起きられない

・食欲不振・吐き気・胸やけ・胃もたれ

・倦怠感

・集中力の低下

・手足の冷え  など

このようなものが見られます。

これらの症状は、自律神経失調症や軽度うつ病の症状に似ているので、低血圧であることを見落とされて謝った診断を受けることもあります。

シマックス 写真

大阪の弁護士が行う債務整理

熊本で一戸建てをお探しなら株式会社アネシス!住宅展示場情報満載!

http://aroma.aichi.jp

審査が簡単・早い ニューヨーク 賃貸